KOMBUCHA SHIP

COLUMN

KOMBUCHA SHIP

KOMBUCHA SHIP

COLUMN

コンブチャって昆布茶?

2021.2.22

謎の飲料KOMBUCHA

今回のコラムはKOMBUCHA_SHIPのリーダー石橋がお届けします。
今、アメリカ西海岸発信で世界中に広まっている飲料、KOMBUCHA。
「昆布?」「あのおばあちゃんが飲んでいたやつ?」ってなりますよね。
私も初めて聞いたときはまさに同じ事を考えました。

「でも入ってないんですよ、昆布!」

 

健康効果が期待できて、冷たくて、シュワシュワッとしていて・・・?
全くピンと来ないという方も多いと思います。

今回はそんな紛らわしい“コンブチャ”についてお話していきましょう!

そもそもコンブチャとは?

昆布じゃないとなると、そもそも何からできているの?というご質問をよく頂きます。
一般的な原材料は茶葉、糖類、水、そして酵母と酢酸菌のコロニーであるスコビーという菌膜です。

「そう!」感の良い方はお気づきかと思いますが、発酵して作られる飲料なのです。
その起源は古く、2000年ほど前から「中国、ロシアの南部のエリア発祥」と言われ、当時から健康のために飲まれていたようです。

お茶の風味や酵母、酢酸菌が生み出す「香り」「旨味」「酸味」が特徴で、日本では1970年代に“紅茶キノコ”という名前で一時ブームになったこともあります。

残念ながら衛生管理が難しかったり、仕上がりの状態の判断がわからなかったりと当時の
ブームはすぐに去ってしまいました。

昨今、アメリカでの健康志向の高まりとともに自宅で作る方が増えたり、クラフトビールのようにコンブチャの醸造所(ブリュワリー)が造ったハイクオリティな製品がボトルやカンなどでローカルのスーパーマーケットに並んでいたりと、その人気、認知度は一気にアップ。
世界中に広まっていきました。

現在では世界中に1,600以上のブリュワリーがあり1,700億円の市場規模があると言われています。
日本でも私たちKOMBUCHA_SHIPを含め数社のブリュワリーや、レストラン・バーの方々やたくさんの個人の方々もコンブチャを造っています。

連載コラム:「コンブチャは誰がこの呼名にしたの?」に続く

PARTNER SHIP- お取扱先募集

TOPへ

TOPへ