KOMBUCHA SHIP

COLUMN

KOMBUCHA SHIP

KOMBUCHA SHIP

COLUMN

一般向けのコンブチャワークショップを大泉工場NISHIAZABUで開催

2021.10.4

2021年10月3日(日)に大泉工場NISHIAZABUで一般のお客様にご参加いただきコンブチャワークショップを開催!

コンブチャを身近に感じてもらうため、当社の代表取締役 大泉 寛太郎がコンブチャに関して、ご説明させていただきました。

お客様はコンブチャに関して、興味津々。

コンブチャワークショップに参加した理由について伺いました。
―――――――――――
・「発酵に興味がある」「コンブチャの知識を学びたい」
・「海外から取り寄せたかったけど、勇気がなかった。今回のワークショップを知ってぜひとも参加したいと思った」
・「ミシガンでも、購入に迷うぐらい多くの種類のコンブチャがあった」など
―――――――――――
コンブチャは知っているものの、もう少し知識を増やしたい方がほとんどでした。

コンブチャをライフスタイルに!

1970年代の紅茶キノコを知る方や全く知らない方まで、様々な知識の皆様が参加できるのが、このコンブチャワークショップの魅力です。

まずは、ホームブリューイングのコンブチャとKOMBUCHA_SHIPの飲み比べを行いました。ホームブリュ―イングはコンブチャに個性が出ます。それもまた魅力ではないでしょうか。また発酵スパークリングティーのKOMBUCHA_SHIPは、白ぶどうや洋梨のような発酵由来の味わいが特徴です。同じコンブチャでも風味が違います。

まずは、参加者のお好みでお茶選び!

お茶の割合で、コンブチャが完成した時の味は変化します。緑茶・紅茶(きび糖入り)など、参加者の好きな量や割合を決めていきます。

その後、スコビー(菌株)・スターターを入れ、布をかぶせ、麻ひもで縛って完成!

日付の記載、ご自身の気持ちを込めてKOMBUCHAに名前を付けました!
徐々に不思議と愛着が出てきます。まずは「コンブチャ」をライフスタイルに取り入れてみる、そこでさらに気付きがあるかもしれません。

一週間後がどのようなコンブチャになっているのか、皆様の手作りのコンブチャをお楽しみください。

TOPへ

TOPへ