KOMBUCHA SHIP

COLUMN

KOMBUCHA SHIP

KOMBUCHA SHIP

COLUMN

コンブチャワークショップを大泉工場NISHIAZABUで開催!

2021.9.27

2021年9月26日(日)にKOMBUCHA_SHIPを応援いただいている皆様をお招きして、コンブチャワークショップを大泉工場NISHIAZABUで開催。コロナ禍のため、少人数で実施しました。

そもそもの一般的なKombucha(コンブチャ)について参加者にお話しました!

前段の話として、1970年代に日本でもブームになった「紅茶キノコ」の話から現在の「世界市場」、「コンブチャの事業をはじめるまでの実体験」など当社 代表取締役 大泉 寛太郎より、簡単な講義をさせていただきました。

実際にHome Brewing(自家製醸造)で作ったコンブチャと私たちがBrewery内で製造・販売しているKOMBUCHA_SHIP(コンブチャシップ)の味を試飲して比較しました。

もちろんKOMBUCHA_SHIPはBrewery内で製造をしているため、品質は違います。ご自宅で楽しむ場合、レシピや醸造環境によって味は異なります。発酵による酸味の違いや、個性豊かな香りなど無限大にアレンジできます。それがコンブチャの魅力かもしれません。

参加者のコメントとして、
—————
「どれくらいで完成するの?」
「実際に売られているジュースとは違う」
「コンブチャをどのくらいお世話にすれば良いの?」
「ずっと常温なの?」
—————
など作ることによって、新たに感じることができるコメントを多くいただきました。

実際に作ってみましょう!!

1)お好みのお茶(緑茶、紅茶など)をまぜて、スタート!

2)スコビーとスターターをお茶に入れる!

3)スコービーをお茶に入れて布をかぶせます。コンブチャを作った日付、自身で作ったコンブチャに名前を書いて完成!

自分で作った思い出のコンブチャ。1週間後が楽しみですね。そのままコンブチャを飲んだり、炭酸水で割って飲むなどご自宅でアレンジし、Kombucha Lifeを楽しんでください!

生きた菌を使っているため、成長の過程を一緒に楽しむことができます。そのため、親近感を抱く方もいらっしゃいます。

それは「飲む楽しみ」以外にわが子のように菌株(スコビー)を「育てる楽しみ」が付加価値になるため、親近感がわくのもかもしれません。

コンブチャをまずは知り、身近に感じてもらうこと、そしてその先にある私たちが製造しているKOMBCUHA_SHIPも好きになってもらうような流れができることを願っています。

 

 

 

 

 

TOPへ

TOPへ